Vana Gierig(ヴァナ・ガーウィッグ) [Pf]
ドイツ出身 ( ミュンヘン )バークリー音楽大卒業。
ニューヨークを中心に、その類まれな演奏スタイルは、世界的に定評がある。
8ヶ国語を操るVanaのもう一つの言語「音楽」は、常に洗練され続け、各方面から天才の呼び名を与えられてきた。
ドイツでの初期の音楽教育を終えたVanaは、10代にして渡米。
ボストンのバークリー音楽院で、クインシー・ジョーンズ氏から優等学位を得る。
1998年、最高のbassistでありプロデューサーであるマーカス・ミラー、圧倒的な表現力でジャズ・ヴァイオリン界を牽引するレジーナ・カーター等とのプロジェクトに参加。
2004年には、ダウンビートマガジンがこう呼んだ “ 神が見える そして Vana の持つ才能は限りなく輝いている ” と。
その年彼はSESACパフォーマンス活動賞を受賞している。
2005年には、伝説的なベーシストのエディ・ゴメスが、マンハッタンのイリジウム・ジャズ・クラブでの3日間の特別なプレゼンテーションで、「優れた次世代のピアニスト」として紹介した。
Vanaのトリオで繰り広げられる演奏は進化を重ね、自身がリーダーとなるアルバムは、これまでに4枚。
世界的に高く賞賛されている。ビルボードアルバムNo1をSESAC より受賞した曲が、オリジナル曲“ Healing In Foreign Lands ” 作曲家、パフォーマーとしてVana独自の音楽言語が成熟し始め、ミシガン州立大学のウォートン舞台芸術センターでの活動等、 現在に及ぶまで世界ツアーを中心に、主にヨーロッパを始め南アメリカで活動。2014年は上海シンフォニーオーケストラと共演。
1998年から2004年にかけて米ケーブルテレビ局HBOで放送された世界的な人気TV番組「SEX and the CITY」の音楽監督も勤めた。近年はポンタ秀一や坂井紅介と組んで日本ツアーをするなど活躍の場を広げている。
昨年の金沢ジャズのメインバンドの1つとして出演など、その活躍は世界各地、多岐に渡る。
詳細、一般でチケットご購入ご希望の方はお問い合わせください。
問フィリコ カスタマーサービス03−6908−4333

戻る