『ほうおう』2018年2月号掲載

2017年12月25日発行『ほうおう』2018年2月号で、松竹・歌舞伎座とコラボしてできた魅せる日本酒「フィリコKABUKI」が掲載されました。
銀座の活性化、日本の伝統を正しく世界の方々へ伝えたいという想いから、銀座の地で百二十余年、歌舞伎の殿堂として舞台を上演し続ける歌舞伎座にちなみ、日本が誇る伝統芸能の歌舞伎の金箔入り日本酒ボトルを発表します。

歌舞伎を象徴するデザインの一つ・隈取。その魅力を正確に伝えるため、歌舞伎俳優の手による実寸大の立体見本を基に、松竹株式会社が独自に制作した図案を使用。
ザクロのような深い赤色のボトルは富山の伝統工芸、特殊技法工法の塗装技術を用い、日本で創られた芸術的な逸品です。

九州の老舗酒蔵で造られた華やかな金箔入り日本酒をボトリング。
飲み口は端麗でやや辛口。
サラッとした中にもコクのある旨みを存分に感じる、しっかりとした味わいの金箔入り純米吟醸酒です。
腰が強く、切れ味の良い辛口で程よい甘みがお料理を引き立てます。
お刺身や天ぷらなどの和食はもとより、魚介類やあっさりした味つけの肉料理にもお勧めです。

※「歌舞伎」は松竹株式会社の登録商標です。